犬と一緒に泊まって、カニを食べよう!

日々のこと
03 /30 2018
今回は、母が一緒に旅行に行きたいというので、小鉄(愛犬)の
2歳の誕生日のお祝いも兼ねて、カニを食べに行くことにしました。

出石手打ち皿そば甚兵衛に寄って、何皿食べれるか挑戦しました。



薬味を変えると味が変わり、美味しかったです。

一人で17皿以上食べたら、蕎麦通の証がもらえます。
息子が、なんとか食べて証をもらいました。

犬と一緒に泊まれて、カニの食べれるところを探し、見つけたのが「砂の館」です。
室内小型犬に限り宿泊可能です。

食事は、部屋で気を使わずゆっくり楽しめました。

天然鳴き砂温泉ということで、刺激が弱くしっとりとした感触のお湯で、
温度も低めでゆっくりお湯につかれます。

次の日は、「伊根湾めぐり遊覧船」に乗って、舟屋を海上から眺めたり、
カモメにエサをあげたりしました。

s-DSCN2916.jpg

s-1522360773547.jpg

犬もペットカートに乗せれば、遊覧船に乗れます。

その後、天橋立に行きました。

ペットカートに乗せれば、ケーブルカーの乗車もできるので、
上りはケーブルカー、下りはリフトで「傘松公園」へ

開運の「かわらけ投げ」に息子が挑戦!

s-1521609267342.jpg

なんと一回で、輪っかに通すことができました。

周りで見ていた人も、拍手をしてくれ少し照れながら、
通ると願いが叶うと書いてたので、ご機嫌。

その後、挑戦者が増えていました。

s-1521609287884.jpg

気持ちのいい眺めです。もちろん、股のぞきもしてみました。

(by 高橋)

もしもの時のために、しっかり『貯筋』しておこう!

体操のこと
03 /22 2018


生活協同組合コープこうべ 「ステーション」4月号と5月号に
貯筋運動と健康体操の様子が記載されます。


ステーション


『貯筋』のすすめ 記事より

最近、中高年の間で 「筋肉」 が注目を集めています。
というのも筋肉は、健康長寿のためのバロメーター。


ステーション編集部と②


筋肉量は加齢とともに低下し、転倒や骨折の原因になることも。

そうなる前に簡単な運動で筋肉を貯めて(増やして)いこうと 「貯筋運動」が
広がりつつあります。


ステーション編集部と
        

写真は 「ステーション」 編集部の方もまじえてバランストレーニングの様子。

新年度は花田担当のクラス以外でも 「貯筋運動」を行っていけるように
準備中です。

(by 花田)

ドライアイ②

健康コラム
03 /18 2018
前回は、ドライアイの症状や原因、治療方法などのお話をさせていただいたので、
今回は、ドライアイにならないために気をつけたい事のお話をしたいと思います。

ドライアイにならないために

  ・ スマホやパソコンの長時間使用をさけて、定期的に目を休ませる
  ・ 遠くを見たり、目を左右上下に動かしたりして、目の緊張を和らげる
  ・ 乾燥に気を付けて、エアコンの風が直接当たらないようにして加湿を心掛けましょう
  ・ 意識的にまばたきをする
  ・ 目を温めたり、マッサージをして目の血行を良くしましょう
  ・ ドライアイ症状が気になるときは、目薬をさす
  ・ アイメイクは目に負担のない範囲にしましょう
  ・ 睡眠をしっかりとる
  ・ コンタクトレンズは正しく使用するようにしましょう

など、これらの事に少し気をつけ、目に負担のかからない生活を心掛けましょう。
ちょっとした事ですが、少し心掛けるのと全く気にかけないのとでは
大きな差が出ます。それから、目のマッサージですが、決して眼球を直接
触らないように気を付けて行うようにしましょう。体操教室でご案内している
目の指圧体操を参考に行うようにしてみて下さい。また、まばたきですが、
しっかりと目を閉じるを意識して行うようにしましょう。
まばたきは、皆さん、無意識に何回も行っているものなのですが、
しっかりとまぶたが閉じてきれていないまばたきになってしまっている人もいるそうです。
ですので、目の乾きを感じた時などはしっかりと閉じるを意識したまばたきを
行うようにしましょう。ドライアイが慢性化すると様々な目のトラブルに発展する可能性が
あります。ですので、そうならないためにもセルフケアを行い、目に優しい生活を心掛けましょう。


(by 貞広)


点眼


健康コラムの線

梅見学ツアー(^-^)

日々のこと
03 /16 2018
先日、教室に行くと、私が毎年楽しみにしているHさんの枝垂れ梅、
今が満開で見頃ですよ~と教えていただきました。そして早速、その日
お伺いさせてもらうお話しに(^-^)  っと、そんな話をしているとMさんが、
我が家の梅も一本の木から紅白の梅が咲いてて、とっても可愛いから
ぜひ見に来てくださいと嬉しいお誘いが(^-^) 

という事で、先にMさんのお宅の梅から見学させていただき、
その後Hさんの枝垂れ梅へとちょっとした梅見学ツアーをしてきました(^-^)

その日は天候にも恵まれ、青空に梅がとっても映えて、キレイでした。
 

紅白梅


写真だと紅白の梅が分かりにくいので、少しアップの写真も撮ってみました。


紅白梅のアップ


紅白の梅の可愛さ、皆さんに伝わるでしょうか?
そして、梅の木全体はこんな感じです。とても大きな木でしたよ~\(◎o◎)/!


紅白梅全体


この梅の木、元々は鉢植えで30㎝ぐらいの高さの一本の棒だったそうです。
それが、30年かけてここまで立派に育ったそうなんです\(◎o◎)/!
Mさんのたっぷり愛情の賜物ですね~(^-^)

Mさんのお庭には、他にもMさんの愛情がたっぷり注がれたお花たちが


クリスマスローズ&パンジー


クリスマスローズにパンジーなど、お花が沢山でとっても華やかでした(^-^)
Mさんのお庭をたっぷり楽しませてもらってから、続いてHさんのお宅へ。

そうです。ブログで過去2回ほどご紹介させていただきました、あの枝垂れ梅です。


枝垂れ梅


毎年見させていただいているのに、毎回、スゴイと驚いてしまいます。
写真で、この枝垂れ梅の迫力、伝わっているでしょうか?
私が今まで見てきた枝垂れ梅の中で、ダントツです\(◎o◎)/!

この日は、思わぬ嬉しいお誘いのおかげで、とっても幸せな気持ちに(^-^)

Mさん、Hさん、本当に嬉しいお誘い、ありがとうございましたm(__)m
また一緒に梅見学ツアーにまわって下さったKさん、そして、
Hさん宅で私達が来るのを待っていてくださったNさん、
ありがとうございましたm(__)m 梅を見ながらのおしゃべりタイム、
とっても楽しかったです(^-^) 素敵な時間を本当にありがとうございました(^-^)


(by 貞広) 

「徹底的に機能解剖学」

日々のこと
03 /08 2018


日本コンディショニング協会(NCA)の「徹底的に機能解剖学」スペシャル2Days!
を、受講してきました。
以前から受講したかった講座なので、少々ハイテンション⤴

新幹線からきれいに富士山が見えると、なんだかいい事がありそうな気がします。
そうです、久しぶりの東京です。


車窓より


やっぱりいい事がありましたよ⤴
人間の実際の解剖した筋肉を使っての、超リアルな勉強ができましたから。

有吉先生はとっても筋肉を愛しておられるのだ!と感じました。
そして私には、筋肉に対しての愛がまだまだ足りない!とも感じました。

もっと勉強をしなくては!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


機能解剖学


筋肉や関節の事を解剖学的に理解する事で、実際の仕事に役立つことが
たくさんあるのだと実感です。

しかしながら…(´・_・`) しばらく焼肉は食べる気にならないかなぁ…


TWG

それはそうと…
せっかく東京に行ったので、少し前に初めて日本に出店したTWGのお店に
行って来ました。

ずら~っと並ぶのは全て紅茶。
420種類ほどあるそうですので、選ぶのも楽しいですから、紅茶好きの方は
東京に行った際は、ぜひ行ってみてくださいね!

(by 花田)

ドライアイ①

健康コラム
03 /01 2018
突然ですが、皆さんはドライアイでお困りではないですか?
自分がドライアイかどうかと聞かれても、ピンとこなくて分からないわっと
思われた方もおられるかもしれませんよね(;^ω^)

実際、私もドライアイの診断を眼科でされたのですが、
その時は全く自覚がありませんでした。ドライアイですよと言われ、
目の事を自分でも気にかけるようになってから、そういえば目が乾いてる
と自覚をするようになりました。私のように、ドライアイに気づかずに
過ごされておられる方も、もしかしたらいるかもしれません。

という事で、今回は「ドライアイ」についてお話しをさせていただきたいと思います。
ドライアイとは、涙が足りなくなり目が乾いて傷つきやすい状態になる事ですが、
具体的には、
  ・目が乾く ・目が疲れる ・光がまぶしい ・ゴロゴロ、しょぼしょぼする
  ・目の充血 ・痛みや痙攣 ・目やにが出る ・目がかすむ ・目がしみる
  ・目を10秒以上開けてられない(目をつぶっていたい) ・理由なく涙が出る
などの症状があらわれます。当てはまる項目は、ありませんか?

目を覆っている涙が少なくなると、酸素や栄養素が十分に行きわたらなくなり、
目の異物を洗い流せなかったり、殺菌作用が低下したりします。
また、涙液の不足や涙の質の異常が起こることで、目の表面が乾いて表面が
ボコボコになり光が乱反射し、まぶしく感じられたりしてきます。

では、なぜドライアイになるのか?原因は、スマホやパソコンなどの普及に伴い
目を酷使している事やコンタクトレンズ、加齢や乾燥、ストレス、アレルギー性結膜炎など
様々な原因が考えられます。

ドライアイの治療方法は、主に点眼治療になります。目(角膜や結膜)の状態に応じて、
人工涙液やヒアルロン酸ナトリウム、ムチンを含む涙液を促す点眼薬を定期的に補充します。
この点眼治療で改善されない場合には、涙点閉鎖による治療を行います。
涙液の流出を抑えるために涙の排出口である涙点を閉じ、
涙液を目の表面に十分にためる方法です。涙点にシリコンやプラグを挿入したり、
涙点を縫い合わせる涙点閉鎖術などがあります。

たかがドライアイと考えてて、ちょっとした目の違和感を放置していると視力低下や
涙で守られなくなった目から菌が入りこんで角膜炎になったりしてしまいます。
重度の角膜炎になると角膜移植が必要になる事もあるので、
やはり早めの対応が大切となります。

皆さん、いかがですか?思い当たる点などはなかったですか?
思い当たる点や気になる点がありましたら、早めに眼科で検査してもらって下さいね。

次回は、ドライアイにならないためにぜひ気を付けたい事などのお話をしたいと思います。


(by 貞広)


ドライアイ


健康コラム用ライン

Fit & Health Company