もう8月も終わりますね。

日々のこと
08 /30 2017
今日は、京都府立山城運動公園 太陽が丘の教室でした。

夏は、プールでとても賑わっています。
その賑わいで、いつも夏だなぁ~と感じます。

緑がいっぱいで、気持ちよく季節ごとの変化も楽しみな所です。

s-さるすべり

山の上にあるので、歩いて来て下さる方は汗だくになり大変な季節です。
そんな中、ご参加下さり本当にうれしいです。
この場をおかりして、ありがとうございます。

s-さるすべり2

今日は、ツクツクボウシが鳴き、トンボがとんで、サルスベリがきれいに咲いていました。
いくらか涼しくなった風が吹いて気持ちよかったので、少し歩いて帰りました。

少し歩いたせいか小腹がすいたので、帰りにある和菓子屋さんに寄りました。

s-与楽

売り切れの物もありましたが、夏を感じるものなど買ってみました。

s-和菓子

写真ではわかりにくいですが、中に金魚が入っています。
かわいいし、涼しげです。

そして、うれしいサービスがあります。
買ったものを包んで下さる間に、お茶と和菓子を出してくれます。
今日は、これです。

s-お茶

いちご大福です。美味しいですよ。

9月の教室は、「夏の疲れた身体をリセットしよう!」をテーマに取り組みたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

スポーツの秋!  食欲の秋!  読書の秋!  いろいろありますが、皆さんは
どんな事を楽しまれるのでしょうか?

(by 高橋)

足のお手入れ続けよう!

体操のこと
08 /16 2017


1歳過ぎの子供の足。

目にした時にはびっくり!

だって、日頃見なれている自分の足とはまるで違っているから…
外反母趾にも内反小趾にもなっていない足の、本来の形。


s-7月②


まだ歩行の前なので、未形成の部分はあるのでしょうが
日頃見ている自分の足や、会員さんの足とはあまりも
違いますね。

本来足指は、揃えて置いた時に指と指の間が空いていて
下の床が上から見えるはずなのだそうです。


パー


2枚目は、生後4ヶ月の別の乳児の足。

無理やりパーにしなくても、自然にこんな感じに開いている
ものなんですね。

一度変形した足は、なかなか元には戻りませんが、足のお手入れを
習慣付けることで、痛みの緩和はもちろん将来の介護予防にも
直結します。

小さな足を眺めながら、健康づくり・足のお手入れの継続を
誓ったのでした。

(by 花田)

転倒・骨折・介護予防は自分自身の気づきから

健康コラム
08 /06 2017


毎日暑いですね。
皆さんお元気にお過ごしですか?

身体を動かすのには厳しい季節ですが、加齢とともに身体にいろいろ不具合、
不都合が生じてきますね。

その1つが転倒ですが、非常に頻度が高く、かつ日常生活に対する影響が
大きいのが特徴です。
ただし、自分自身で早く気づいて、自分で努力することも含めて対応すれば
ある程度予防できるという特徴もあります。


s-夏の雲


転倒した人の大半は骨折することなく、なんでもない事も多いのですが
でも一度転んだことで、転倒に恐怖感を持ちます。

怖がって外出を控えたり運動を控えたりして、結果として
心身ともに機能が低下して、生活の質を落としてしまうのです。

s-リズム運動

実際データによると、一度でも転んだことのある人は
そうでない人に比べて、次の1年間で約5倍も転ぶリスクが
高いことが示されています。

「歳のせい」と片付けずに、自分の身体の問題点と
その対応を知り、対策を考えてみましょう。

健康体操での転倒予防トレーニングに取り組みながら
担当の指導員に相談してみるのも良いと思います。

(by 花田)
健康コラム用ライン

Fit & Health Company