御在所岳に山トレ行ってきました

日々のこと
06 /28 2017
先日、夫と2人で御在所岳に山トレに行ってきました。

渓谷

御在所には、いろんなコースがあり、私たちは上級者コースの裏道コース。
上がっていると、クライミングする人たちがたくさんいます。

クライミング


見えますか?岩をよじ登ってます。
これくらいなら登れそうと私も思ってしまいますが、途中では、豆粒みたいな人間が
100メートル以上もある断崖を登っていました。

くさり


くさり場もそれほどではないですが、こんなコースがあるので、北アルプスを登る人はトレーニングする山として親しまれています。

橋


約2時間、登り続けますが、近辺の山ではコース自体が短いので、山頂に着くまでは休憩しないで登れるようになりました。

初めて北アルプス、涸沢に登ってから今年で6年目。
息切れしていたルートも、楽勝に登れるものなんだなぁと続ける事の大切さを思います。

山ゆり

歩いていたら、どこからかカサブランカの香りがすると思って探したら、山ゆりでした。
香りは、カサブランカと同じ。

新緑の季節も終わり、これからはアルプスの山々はいろんな花を咲かせてくれます。
ロープウェイで登って、散策できる山もたくさんあるので、避暑に訪れてはいかがでしょうか?
森林浴ができて、マイナスイオンをたっぷり浴びて、リフレッシュできると思います。

(by 北畑)

今年の前半。

日々のこと
06 /24 2017
もうすぐ6月が終わりますね。
私は、今年の前半もあっという間にすぎてしまいました。

皆さんの前半は、いかがでしたか?

今年は、いろいろ学びの年にしようと、積極的に講習会に参加しようと
前半では、6回講習に行きました。

いつも、写真を撮り忘れてしまって・・・
仲間から送ってもらった写真と会報誌の写真がありました。

官足法の講習会は、自分で足揉みしてるけど、もう少し学びたいなという方が参加されたり
内容も選べるので、主婦の方や全然違うお仕事の方も多く、どなたでも気軽に参加しやすいです。

s-P_20170624_150206_1.jpg

バランスコーディネーションの講習会では、インスタラクターの方で、専門の種目も違って
個性豊かです。

s-1494764061757.jpg

そして今日は、救命講習に行ってきました。
「早期認識と通報」 「一次救命処置」ということで
胸骨圧迫30回と人工呼吸2回、AEDの使い方を重点的に練習しました。



人形を前に練習です。写真で見ると少し怖いですね。

s-P_20170624_103422.jpg

実際に助かった方の映像をみて、一刻も早く「心肺蘇生」を行うことの重要性を感じました。

脳が酸素なしで生きられる時間は、3~4分。 短いですよね。

救命講習は、何度か参加していますが忘れてしまうし、繰り返し参加したいと思いました。

(by 髙橋)

ファスティングを終えて!!

日々のこと
06 /20 2017
綺麗なあじさいの花が咲き誇っています。
梅雨入りはしていますが、雨が降らないですね!

私は、ファスティングを終えて、身体がスッキリしました。
体は、ひと回り小さくなりましたが、エネルギーが蓄えられパワーアップした感じがします。

s-紫陽花

3日間のファスティング本番終了、次の日(回復期)の朝食です。
重湯、具なし味噌汁、グリーンスムージーです。
空になった胃腸をあまり刺激しないように、30分ぐらいかけてゆっくり食べます。
最初に口にする重湯がとても甘く、味噌汁は、体の隅々まで流れていく感じがして
幸せな思いになります(*^▽^*)

s-重湯

昼食は👇、自家製の甘酒とヨーグルトに少しの果物です。
私は、回復期は1日半、2日目の夕食から普通食になりました。

s-甘酒

今回感じたことは、味覚の変化、いつも薄味を心がけて料理をしていたつもりでしたが
意外に濃ゆい味付けをしていたことに気づきびっくりでした。
サラダもドレッシングなしでも十分に美味しく頂けることに感動でした。

s-花季節の

前回は、休みを利用して行ったので、エネルギーを消耗しないようにとできる限り動くのjは最小限にして
過ごしました。 終わってみると体脂肪率が高くなっていることに気づきびっくりでした(。´・ω・)?

今回は、普通に仕事をこなし、毎朝のスローランニングをウォーキングと半分にしながら過ごしてみました。
その時、道端で見つけた色とりどりのお花たち👆お陰で走れた気がします。感謝です。

ファスティングは半年に一度すると良いそうですが、私は、1年に一度で継続していこうと思います。
私たちの健康体操も同じように、継続することで得られる健康な身体ですね。

(by 川上)




「たばこの害」の話 ②

健康コラム
06 /13 2017


喫煙はがんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中などのリスクも高めます。
たばこを吸う人は、動脈硬化が進みやすく血管が詰まりやすくなるのです。
この他にも、歯周病や2型糖尿病も発症しやすくなることがわかっています。

そして、たばこの煙を吸わされる周りの人は、本当に迷惑です。

受動喫煙の健康影響は深刻です。
肺がんになるリスクが1.3倍になるとの解析結果も、昨年発表されました。

s-458.jpg

たばこが原因で病気になれば、医療費はかかり、また働けなくなったりします。

社会的な損失も大きいのです。

s-179.jpg

そんな中で、日本は先進国の中でも比較的たばこの価格が安く、屋内で喫煙できる
場所も多いのが現状です。
たばこを吸いやすい(吸わされやすい)、そしてやめにくい国なのかもしれません。

もっと「たばこの害」を社会全体でしっかりと認識し、特に受動喫煙を防ぐ取り組みを
強化することが必要です。

(by 花田)
健康コラム用ライン

国見山~交野山 トレッキング

日々のこと
06 /11 2017

山歩きを始めてから何年になるのでしょう。。

京都の愛宕山に登ったのをきっかけに、山歩きを開始した
のですが、京都トレイルで、伏見稲荷→蹴上→大文字→
比叡山→大原→鞍馬→嵐山等々、ぐるりと廻って歩きました。

s-交野山③


H23年からスタートして、早6年目になり
ここ2年ほどは、花めぐりで何ヵ所かハイキング
のようなコースを歩いています。


s-交野山⑤


先日は山歩きのメンバーとは別に、国見山~交野山へ。

交野山は低山ですが見晴らしも良くて、道も整備されて
います。
初心者でも気軽に歩けるコースで、最近はパワースポット
としても人気があるようです。


s-交野山④

登山というレベルの山は歩かないのですが、木立の
中を歩く気持ちの良さや、見晴らしの良さを経験すると
案外やみつきになります。

日頃は車の移動ばかりですので、歩数確保のためにも
細く長く続けて行きたいと思っています。
お勧めの山がありましたら、皆さんぜひ教えてください。

(by 花田)

「ファスティング」スタートします。

日々のこと
06 /08 2017
今からファスティング(3日断食)を始めます(*^▽^*)
今回で2度目の挑戦です。

ダイエットを目的にされる方もいますが、
私の目的は、消化・吸収・排泄の良サイクルを取り戻すためです。
また、飽食によって鈍った味覚もリセットしたいです。
免疫力もアップするそうです。

もちろん「断食」と聞くと水分をとるだけの辛いものを想像しますが、
ファスティングは、普段のお食事をお休みし、専用の酵素ドリンクを飲んで、
普段通り過ごします。

私は、↓の「ファストザイム」を飲みながら( ^ω^)・・・
過ごします。
s-ファストザイム

始めるには、準備期間→ファスティング3日間→回復期間と6日間必要なために、
準備期間は、体を慣らすことが大切で、スープやスムージー・果物・野菜と
食べ過ぎ、飲み過ぎに注意して過ごします。

s-グリーンスープ

↓はファスティングとは関係ない写真ですが、プランターに小松菜の種を蒔いたら
こんなにできました(●^o^●)少しずつ間引きながら食べて楽しんでいます。

s-小松菜

ファスティング後の復食期1日目は、重湯、味噌汁(具なし)の薄味、から少しずつ
慣らしていきますが、この味噌汁がホントにすごくおいしいんです!

感覚が敏感になり五感も研ぎ澄まされると言われています。

デトックスして脳・体・心もスッキリしたいと思います(^^♪

(by 川上)

「たばこの害」の話①

健康コラム
06 /06 2017


2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、国際オリンピック委員会と
世界保健機関は、屋内が全面禁煙の国・都市で大会を開催することを
求めています。

最近ではソチ大会がきっかけとなり、ロシアは2014年に屋内が全面禁煙と
なりました。
平昌大会を控えた韓国も、2015年から全面禁煙です。

そのような世界の流れを背景に、日本でも受動喫煙防止対策強化に
ついて注目されています。

s-435.jpg

たばこの煙には、5千種類を超す化学物質が含まれていて、その中には
健康影響が問題となっている、微小粒子状物質(PM2.5)も含まれています。

発がん性の物質も、約70種類あることが知られています。

s-269.jpg

国立がん研究センターの「がん情報サービス」内のサイトによると
たばこを吸わない人に比べて、喫煙者は肺がんで死ぬリスクが
男性で4.8倍、女性で3.9倍も高くなるとの調査結果が出ているとの事。

また肺がんだけでなく、様々な臓器のがん死亡リスクを高めることも
忘れてはなりません。

胃がんや食道がん・肝臓がんなど、複数のがんについての因果関係も
「確実」と認定しています。

(by 花田)
健康コラム用ライン

Fit & Health Company