秋の終わりの日

日々のこと
11 /30 2016
TVで見た東福寺に行きたくて、夫と休みが重なる日は、雨ばかりで京都になかなか行けませんでした。
今日は、朝は仕事があったものの、終了後、念願の東福寺へ。

東福寺

11月末でもたくさんの人が訪れていました。
バスでの観光客の方は、後を絶たず。大賑わい。
これが、紅葉真っ盛りの時期だったと思うと恐ろしい感じです。

紅葉3

京都の紅葉は、コントラストがきれいで、奈良とは違う。
と言う印象を受けてしまいます。

紅葉2

あの有名な通天橋をバックに自撮り。
もう、紅葉も葉がずいぶん落ちて、寂しい感じでした(^^;)
おまけに曇り空で、寂しい感じ満載。

紅葉1

それなりに楽しめましたが、来年は少々雨が降っても、真っ盛りの時期に行きたいなぁーと思うのでした。
明日からは、12月。忙しくなる時期ですが、忙しいながらも毎日を楽しめるように工夫して過ごしていきたいと思います。

(by 北畑)

スロージョギングで体質改善

健康コラム
11 /23 2016
長続きできるようゆっくり走る「スロージョギング」って、ご存じですか?
スロージョギングは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病にとても効果があるとされています。
血圧や血糖値の低下のほか、動脈硬化を抑える善玉コレステロールの値が向上するなど、効果が基礎研究で認められています。
日本スロージョギング協会によると、走る時のポイントがいくつかあるので、ご紹介させていただくと、
まず、かかとではなく足の付け根あたりで着地すること。
かかとより衝撃が和らぎ、体への負担が少ないと言われています。
そして、呼吸は、自然に。荒くならないように意識します。顎を上げて遠くを見るようにすれば、背筋が伸びて走りやすくなります。
隣の人と会話できるくらいのペースを心掛けるといいです。
1日の目標は、30~60分間。
3分を10回に小分けに走っても効果は見込めます。
ウォーキングより運動に強度があり、減量効果が見込めるので、特に高齢者や肥満の人にはオススメの運動となります。
これからの寒い季節、スロージョギングで、代謝を上げて、体質改善をしてみませんか?
(by  川村)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

動く人ほど得する人生

健康コラム
11 /10 2016
朝夕、随分と寒くなってきました。じっとしていると、身体が冷えてくるこの時期こそ、身体を動かしてみませんか。
科学的に証明された運動の健康効果とは?知れば知るほど運動したくなりますよ。
たった10分の軽い運動でも、脳の認知機能(注意、集中、判断、計画などの能力)が活発になり、記憶や学習能力も向上することが実証されています。
この他にも、ストレスを軽減して気分を明るくするなど、運動による脳へのよい影響が数多く報告されています。
また認知症においても、机上などでの脳トレーニングより運動(ウォーキングなど)の方が予防効果が高いという研究結果があります。
運動は、脳にとってとても良いのです。脳のためにも、しっかり動きましょう!
そして、適度な運動は、老化を遅らせ病気も予防します。この事実を証明している有名な研究に「中之条研究(群馬県中之条長で65歳以上、5000人を対象に13年間調査)」があります。
これによると、1日の平均歩数が増すほどに予防効果が高いという結果が出ています。
1日あたりの歩数で予防改善が期待できる病気、病態は、
◆5000歩で、認知症、心疾患、脳卒中…
◆7000歩で、骨粗鬆症、骨折、動脈硬化、がん…
◆8000歩で、高血圧、糖尿病、資質異常症
◆12000歩で、肥満
こんなにたくさんの病気を適度な運動で予防改善ができると知ると、運動したくなりますよね。
運動をして、どんどん筋肉を使って、代謝の良い身体、免疫力の高い身体、若々しい身体を保ちたいものです。
     (by  川村)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

老化を遅らせる秘訣

健康コラム
11 /09 2016
最近の研究で、100歳を超える方と普通の人との違いは、CRPという炎症物質の違いが明らかであることが分かったのだそうです。

CRPとは、わかりやすく言うと、老化させる因子のことです。

老化が早く進む人とゆっくりとしか進まない人との違いということでもあります。

老化が早く進む、ゆっくりと進むという違いは、実は、環境にあり、誰もがゆっくりと老化を進む方を選択することができるのです。

そのためには、日本人は、日本人に合った食事、欧米人は、欧米人に合った食事と、人種や住んでいる環境に合った食事が重要と言われています。

地産地消って、よく言いますよね。

日本人に合った食事は、やっぱり昔ながらのごはんにお味噌汁、お魚、菜っ葉の煮付けというところでしょうか。

そして、2つ目は、身体活動、運動がとても重要です。

数年前、中高年の男女の太ももの太さは、血管の病気と因果関係にあるとデンマークで発表されました。

それによると、男女とも太ももの周囲が62cmの人が最も死亡リスクが少ないそうです。それより太い人はどれだけ太くてもリスクは変わらないが、それより細い場合、細くなればなるほど死亡リスクは高くなると言われているそうです。

骨格体形が違う日本人には単純に当てはまらないが、太ももの太さは筋肉で決まり、筋肉がほどよくしっかり付いたら、血管も血管内の筋肉も心臓も強くなり、全身循環の改善にもつながってきます。

運動をして太ももをしっかりと鍛えておくことは、介護を必要とせず、自立した生活ができる「健康寿命」ものばすことにもなるのです。

そして、3つ目は、生きがいです。

この生きがいは、誰かの役にたつ満足感、これが重要です。

・食事

・運動

・生きがい

この3つが老化を遅らせ、若々しく美しく生きる秘訣なんです。

日本人にあった食事をし、身体を動かし、生きがいを持つ…

こんなライフスタイルだと老化を遅らせいつまでも若々しく美しく人生を過ごすことができるのでしょうね。

老化を遅らせる生活を早速始めてみませんか?
  (by   川村)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月を振り返って・・

日々のこと
11 /08 2016
10月どんなことしたかなぁ~と振り返ってみました。

姪の子どもの入園で使う鞄作り。

s-P_20161021_164725.jpg

電車など乗り物が大好きなので、どんな布を選ぶかなぁ~と思えば
やっぱり、選んだのは新幹線・・

今回は、お道具箱入れ・体操服入れ・上靴入れ・座布団カバー・ティッシュカバーを
作りました。

もう一人の姪の子供も入園なので、どんな布選ぶのかな?と楽しみです。

我が家の新しい家族、トイプードル「小鉄」の服作り、第一弾。

s-k.jpg

レースを付けたら、息子にオスやのにそんなの着せたらかわいそう・・と言われ
テンションが下がり、犬の足跡の絵を描いてみました。
第二弾は、パジャマを作りました。(今回は非公開ですが・・)

他には、バランスコーディネーションの勉強会に参加しました。

s-バラコン3

こんな感じで二人組で、レッスンのように行ったりします。

みんなインストラクターで、明るく元気な方ばかりです。

一コマ目の参加者さん。
s-バラコン2

二コマ目は、少し人数が増えました。

レッスンの後、集合写真を撮るのが恒例なのです。

s-バラコン

11月12月は、どんなことがあるかなぁ~。
寒くなってきたので、体調くずさないように過ごせますように・・
皆さんと楽しく健康作りを楽しみたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

(by 高橋)

健在です♪

日々のこと
11 /03 2016


秋も深まりました。今年も残すところ、2ヶ月を切りましたね。

しばらくぶりの登場です。健在です。


s-にゃんのアップ


まあ毎日つつがなく暮らしております。やる事は、たいてい昼寝でしょうか・・・


s-こゆきの昼寝


たまには気晴らしに遊ぶこともありますが、年々昼寝の割合が多くなりました。


s-こゆきおもちゃで遊ぶ


ガオ~!! 怪獣みたいです。あくびの瞬間は、人間もこんな顔に
なるのでしょうか。。。ウフフ


s-こゆき⑩


でも大切な仕事を忘れていました。家族に癒しホルモンを与えているようです。
オキシトシンという癒しホルモンは、健康維持には大切らしいです。


s-こゆき⑪

どうぞ皆様、今年の残り2ヶ月を大切にお過ごしください。

(by 花田こゆき)

Fit & Health Company