健康ウォーク in 京都

日々のこと
11 /30 2015


仲間と歩くトレッキング・ウォーキングに、すっかりハマっています。
数年前に、京都の愛宕山に登ったことがきっかけでした。

今年の最終日。
春は梅から始まり → あじさい → コスモス → 紅葉と、今年は主に花を見るコース。


s-詩仙堂⑤


冬がやって来る前に、今回行った所は、京都の修学院界隈。
ここは詩仙堂。


s-秋


紅葉の美しいシーズンという事もあって、ここは観光客で賑わっていましたが
修学院周辺には、まだまだ人が少ない穴場スポットもあります。


s-圓光寺⑥


圓光寺。
お寺の縁側に腰掛けて、しばらく庭を眺めながら、晩秋の京都を味わうのも格別です。


s-圓光寺③


足元に・・ なんだかほっこりしませんか?


s-圓光寺②


落葉・・今年の秋も終わりですね。

鮮やかな秋から、冬へと季節が変わって、いよいよ12月ですね。

(by 花田)

紀伊半島巡り

日々のこと
11 /29 2015
神社仏閣巡りに出かけました。

まずは、「熊野本宮大社」を参拝。

s-熊野本宮大社

朝早かったのですが参拝の方もおられ、凛とした雰囲気の中
静かに参拝させていただきました。
参拝時間は、午前6時~午後7時です。

明治の大洪水で流され、今の高い所に移動されたようで、
もとの場所には、鳥居などがありました。

s-5.jpg


2か所目は、「熊野速玉大社」を参拝。


s-4.jpg

3か所目は、大門坂から西国第一番札所と「熊野那智大社」を目指して歩きました。

s-3.jpg

大木がたくさんある中を通り、とても気持ちよく歩けます。

私は、イージートーンの靴を履いて行ったので、凸凹の地面が
さらにバランスを必要として、歩きずらかったです。
行かれるなら、靴底が安定したものがお勧めです。

けっこう歩き、第一番 那智山 青岸渡寺と「熊野那智大社」に
到着しました。
ここは、参拝の方多いです。

御朱印をお願いしようと御朱印帳を出した主人が「あっ、財布ない」と・・
私も、手ぶらだったのでショック・・・
那智の滝や景色を見て下りました。

s-2.jpg

もう一回登る気持ちがない私・・・
御朱印を楽しみにしていた主人。

結局2回目は車で上まで行き、また参拝。
なんとも、ドジなことです。
次回からは、私も必要なもの持ち歩くことにしよう。

まぁ~めったに参拝出来ないし、2回も行けて良かったかな。(笑)

熊野三山と言われる 「熊野本宮大社」 「熊野速玉大社」 
「熊野那智大社」をなんとか参拝させていただきました。

今日のもう一つの楽しみは、昼食。
マグロを食べるために、勝浦に行きました。
マグロ三昧美味しかったです。
写真を撮るのを忘れてしまったので、お店を写してみました。

s-勝浦

(by 高橋)


体力測定

体操のこと
11 /19 2015
私が担当している教室では、今年の体力測定が終わりました。
9月から2ヶ月かけて、宿題表をつけてもらうことを、お願いしてみました。

宿題表

↑↑↑これです♪
とてもキレイにいろ塗りをしてくれていますね。

体操は、腹筋、スクワット、片足立ち、両手を前に出してのグーパー体操の4つ。
1日、4つしたら、一枚葉を塗ってもらうことにして、2ヶ月分あります。
回数は、体力差があるので、個人にお任せです。

そうして迎えた体力測定の日。

片足立ち

みなさんすごく頑張っていました!

今年は、そう言えば「ムリ!」とか「あかん!」と言う言葉をあまり聞きませんでした。

どうしても体力に自信が無いときに出る言葉なんですね。
やると結果に繋がるということを、昨年体験しているので、
「やってみよう!」と言う前向きなココロが生まれたように感じます。

できなかったこともあったのですが、どうしたらできるようになるか?と言う質問を多数頂いて。

本当に嬉しかったです。
体操を伝えながら、どうしたら前向きに物事を考えられるか? と言うのも
お伝えさせていただいてます。

もちろん、受け取れる時もあれば、そうでないときもあるけれど、それは、それで良しなので、
自分のペースで健康づくりをしていってもらえたらなぁと思います。


(by 北畑)

「健康体操のすすめ」 ~健康で自立した生活を営むために~

健康コラム
11 /18 2015

高齢化が急速に進んでいます。

年齢と共に、筋肉量は減っていきますが、
特に60歳以降は、急激に減ってしまうことが報告されています。

足腰が弱って転倒し、骨折から寝たきりになってしまう人も
増えています。

s-021c.jpg


加齢に伴って生じる筋肉の低下を 『サルコペニア』 と定義されています。
「骨格筋量の減少に加えて、身体機能の低下 あるいは筋力低下のいずれかを伴うこと」

筋肉は髪の毛のように、細くて長い筋線維が束になってできています。
若者の筋線維は、細くなっても数は変わらないといわれますが
高齢者の筋線維は、どんどん減ってしまいます。


s-024h.jpg


日本人のサルコペニア有症率は、国立長寿医療研究センターの
大規模コホート研究によると、
65歳以上の男性で36.2%、 女性で23.3%と、報告されています。

歩くだけでは防げず、高齢者でも筋トレ等が、必要とされています。

年齢に応じた筋トレを、正しく行って進行を遅らせましょう!

(by 花田)
健康コラム用ライン

琳派 京を彩る

日々のこと
11 /06 2015
この秋の京都は、紅葉以外にも見所が満載ですね。
京の街が、一年中で最も美しいこの季節に、お出かけしませんか?

今、琳派誕生400年を記念して、特別展覧会 『琳派 京を彩る』 が開催されています。


s-琳派②


会場は、京都国立博物館。重厚な門構えが素敵ですよね。

門の中は、噴水の池や彫刻が置かれ、広々としていて解放感があります。
木陰やベンチなどに座って本を読んだり、パンフレットを広げたりと、のんびり過ごすことも
できます。


s-琳派④


琳派に関しては、お恥ずかしながら、詳しいことを知らないままに、この年齢になって
しまいました。

そんな私でも知っている有名な「風神雷神図屏風」(写真上)も、もちろん見所の1つです。
当日は、俵屋宗達の原画と、それを模写した尾形光琳の作品が壁一面・二面に掲げられ
圧倒される迫力です!


s-琳派①


若い頃には興味がなかった日本画でしたが、この素晴らしい日本の文化を
京都という街で堪能できるなんて!
良い機会でした。


s-京都にて


11月23日まで。

京都へ行かれる機会がありましたら
ぜひとも芸術の秋を満喫してください。

(by 花田)

11月のテーマ『坐骨神経痛』改善!

お知らせ
11 /04 2015


秋が深まってきましたね。
朝夕などは、足の冷えを感じる季節になりました。

水曜日「登美ヶ丘教室」で、11月は『坐骨神経痛』を
テーマに、健康体操を行います。


s-神経


坐骨神経痛は、おしりから太ももの後ろ側、下腿部外側面~足にかけての痛みが
特徴ですが、重だるい感じや、圧迫感・放散痛・電撃的な痛みなど、さまざまです。

原因は、腰に関して色々な疾患があったり、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など
その他にも、いくつかの原因があるようです。


秋のディスプレイ

今日(1週目)は、痛みやだるさを感じる、知覚(感覚)神経のことを、勉強しました。

動かないでいると、どんどん筋力が落ちる一方で、どうやって動かしたらいいのか
わからない方に、限りなくやさしく無理のない、安心して継続していける体操を紹介。

納得しながら、一緒に動かし方を習得しましょう!

(by 花田)

ハロウィン(^O^)

日々のこと
11 /03 2015
いつからか、日本でもハロウィンを楽しむようになってきましたよね(^_^;)
例にもれず、私も友人とハロウィンを楽しみにUSJへ行ってきました(^O^) 


仮装🎃


えっ\(◎o◎)/! 仮装したの?と驚きましたでしょうか? 街中では浮きまくるこの格好も
USJではみんなが仮装しているので、いたって普通。 USJの魔法で乗り切りました・・・(^_^;) なんて。
でも、本当にみんなが仮装でUSJを楽しんでいるので、誰がUSJのスタッフさんか分からないほどでしたよ(^O^)

朝からお出掛けしたのですが、楽しい時間は早く過ぎるもんですね。
いつしか日が暮れて、街も段々と怪しげな雰囲気に・・・。


暗くなってきた街並


私達もゾンビ達に負けないようにと一致団結。 円陣を組みました(^O^)


光るブレスレット


そして、いよいよゾンビ達の活動時間です(^_^;) ウィーン、ウィーンとチェーンソを鳴らしながら、
近づいてくるゾンビ。 かなりの迫力(>_<) 写真を撮ろうとカメラをかまえていると、
ゾンビが近づいてくるので逃げなきゃいけないしで(^_^;) 本当に大変。
なかなかうまく写真を撮ることが出来ませんでした(>_<) USJのあちらこちらで、悲鳴がしてましたよ~(^○^)
怖いけど、キャーキャー叫んでストレス発散。 結構、楽しかったですよ~(^○^)


チェーンソゾンビ


そうそう、ゾンビ達によるパフォーマンスもあったりて、 ゾンビダンス、最高でした~(^○^)


ゾンビダンス


キレッキレのダンスで、本当にかっこよかったですよ~(^○^)

皆さんは、どんなハロウィンを過ごされましたでしょうか?  USJのハロウィン、かなりおススメですよ(^○^)
今年のハロウィンはもうおしまいですが、もしよければ来年、USJのハロウィンを体感してみて下さいね(^○^)


(by 貞広)

運動と認知症

健康コラム
11 /01 2015


認知症は、加齢とともに増加し
80歳代から急激に有病率が向上し
90歳以上では、30%以上の高齢者が
認知症を有すると、推定されています。

団塊世代が、今後10~20年の間に認知症の
好発年齢を迎え、その予防が急務の課題と
なっています。

s-012a.jpg

たとえば認知機能障害のない、1740名の高齢者を
平均6.2年間、追跡調査した研究では
週3回以上の運動習慣のある高齢者は
週3回未満しか運動していなかった高齢者に対して
認知症になる危険が、減少したとされています。

また、人生の各時期における身体活動量と、認知症の発症を
分析した場合には、10代の身体活動量が、高齢期の認知症に
最も関連していたと報告されています。

s-012e.jpg

この研究結果から、できるだけ早期からの運動習慣の促進が
重要であることが、わかっています。

認知症の予防のためには、習慣的な運動習慣を身につけましょう。
 
            出典:公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 「健康づくり」

 (by 花田)
健康コラム用ライン

Fit & Health Company