梅満開(^○^)

日々のこと
03 /21 2015
3月に入り、気温もずいぶんと上がってきましたね~(^○^)
そして、梅の花も各地で満開を迎えていますよね。

先日、長尾谷町にある教室に行きましたら、会員さんが
綺麗な梅が咲いているよ~と教えて下さいました。
可愛らしいピンク色の梅の花。 思わず、写真をパチリ。


長尾谷町教室の梅


梅の開花を教えてくださった会員さんのおかげで、朝からとっても嬉しい気分(^○^)
それからは、二人で来る会員さん、来る会員さんに、見て見て~とお知らせしてました。

それならば、長尾教室へ行く途中の梅も開花しているのでは。
思った通り、その週の長尾教室へ行く途中の梅の花をのぞいていると


長尾教室の梅


綺麗に咲いていました。こちらは、真っ白な梅。

そんな話を教室でしていると、東香里教室の会員さん。
Hさんのお宅のしだれ梅が綺麗だよ~と教えていただきました。

嬉しい事に、「良ければ、教室終わりに見にきて下さい」とHさんが言って下さり、
早速、KさんそしてAさんと一緒にしだれ梅の見学へ行かせていただきました。


しだれ梅


キノコの山のように、可愛くお手入れされていて、本当に見事な梅でした\(◎o◎)/!
しだれ桜は見たこともあり、知っていたのですが、梅にもしだれ梅があるのですね~。
しだれ梅、せっかくなのでアップの写真も撮ってみました。


梅の花アップ


スゴくないですか? 下からしだれ梅を見上げると本当に迫力満点でした\(◎o◎)/!

そして、その週末にお出掛けした宝塚にある中山寺で見かけた梅がこちらです。


中山寺の梅


一本の木から、紅白の梅が咲いているのですが、わかりますでしょうか?
携帯で撮ったので、家に帰ってからパソコンで写真を確認してみると・・・(^_^;)
とても分かりずらい写真で・・・。 すみませんm(__)m
どうしようかなとも思ったのですが、せっかく写真を撮ったので、強引にアップしてしまいました(^_^;)

次回はもっと分かりやすい写真を撮りますね(^_^;)

っと、分かりにくい写真もありましたが(^_^;)、今年は皆さんのおかげで
いろんな梅を楽しむ事が出来ました(^○^) ありがとうございます。

梅は、まだまだ満開シーズン。 皆さんも、ぜひ梅の花を楽しんでみて下さいね。
最後に、Hさん。素敵なしだれ梅を見せていただき、ありがとうございました(^○^)


(by 貞広)

あんたがたどこさ♪

日々のこと
03 /16 2015


肥後さ♪ 肥後どこさ♪ 熊本さ♪

s-くまもん

熊本へ行って来ました。

最近の熊本と言えば、くまモンが有名ですね。
初めての九州新幹線で、熊本駅に着くと、くまモンバスが迎えに来て
くれました。

くまモンの乗車位置は、助手席のようです。


s-くまもんバス


でも何と言っても、熊本と言えば、火の国の城!KUMAMOTO CASTLE 熊本城!

加藤清正公によって創建された、天下の名城。
日本三名城の一つに数えられていますが、「武者返し」と言われる石垣が有名ですね。

ここは「二様の石垣」、目の前で見ると圧巻!


s-2015熊本④


30度ほどのゆるやかな角度から、75度の絶壁にまで反り上がる
さまざまな角度の石垣が・・

これでは到底登れませんよね。
西南戦争では、西郷ドンも落とせなかった
わけです。(うん・・納得)


s-2014熊本⑧


昔から来たかった所なので、満足したのですが・・

やっぱり、せっかく来たのですから、
郷土料理も、いただきたいですよね!


s-熊本郷土料理

熊本の味。
馬刺しに、からし蓮根・一文字のぐるぐる・地酒。
それから太平燕(タイピーエン)もお勧めです。

九州新幹線は、もう乗りましたか?
新幹線「さくら」に乗り込むと、九州はすぐそこです!


(by 花田)

肌の『かゆみ』

健康コラム
03 /04 2015
加齢とともに皮脂の分泌や発汗量が減ってくると、肌が乾燥
してバリア機能が低下し、刺激に敏感になります。すると発生
するのが肌の『かゆみ』。
                    s-肌荒れ
肌は人体最大の臓器ともいわれ、肌の『かゆみ》は肌荒れ,不眠の
原因ともなるため早めの対策が必要です。

*ナイロンタオルなどで肌をこすったり洗浄力の強いボディーソープで
洗うと角質や皮脂が必要以上に落とされ乾燥がすすみます。
おすすめは保湿成分の配合された石鹸などをじゅうぶんに泡立て手で
優しく洗いましょう。

*熱いお湯は皮脂を取りすぎるため、ぬるめのお湯(38度~40度)
で保湿効果のある入浴剤などを入れて入ると肌表面に皮膜ができ
入浴後の乾燥を防ぐことができます。
『かゆみ》は血行がよくなりすぎると増すので『かゆみ』がひどいとき
の長湯は控えましょう。

お風呂

*あるデータによると、入浴後5分以降は肌の水分量が減少し
15分後には入浴前より肌が乾いた状態になることがわかっています。
保湿クリームやかゆみどめの保湿剤などは、お風呂からあがって
5分以内にたっぷりとつけるようにしましょう。


*肌着は「第二の皮膚」と言えるほど私たちの体にとって役割は重要です。
皮膚に近いアミノ酸構造で保湿性の高いシルク素材や、肌に刺激の少ない
綿の肌着を着ることも『かゆみ』予防になります。


*肌の潤いを保つには、湿度50~60%が理想的です。
空気が乾燥している冬場、エアコン、ストーブなどで暖まった部屋では、
加湿器の使用や濡れた洗濯物を部屋に干すなどして乾燥を防ぎましょう。
暖まりすぎて『かゆみ』の出やすい電気毛布の使用も控えましょう。
快眠

(by 中村)
健康コラムの区切り線

松本を訪れました。

日々のこと
03 /02 2015


北アルプスを抱えた、自然豊かな美しい街、松本。
空気が冷たくて、空が澄んでいます。

母が入院している病院から、北アルプスが一望できます。


s-松本より北アルプス②


今回は右股関節を人口関節に。
病院の許可をいただいいて、リハビリを見学させてもらいました。

せっかく松本に行ったのですから、市内を散策。

白壁となまこ壁の土蔵が立ち並ぶ、古い松本の風景が広がる中町通り。
江戸時代末期~明治時代の、蔵造りの建物が並びます。


s-松本①


呉服問屋の蔵を改装した、黒いなまこ壁のこのお店はカレー屋さん。

個性的なお店や名所を、のんびり歩く幸せ。


s-松本②


江戸時代に城下町として栄えた松本。

松本のシンボルと言えば、国宝松本城。
何はともあれ、松本城には行きたいです。ずいぶん久しぶり。


s-松本城


数ある日本の城の中でも、国宝に指定されているのは4つのみ。
築城約400年なのに、中はほぼ戦国時代のまま。
まさにここは要塞ですね。

城の右側にある、赤いベランダがあるように見える所は
江戸時代に増築されたらしい。
天下泰平の時代らしく、お月見ができる開放的な造りで、いい感じ。

安曇野・上高地もすぐです。
皆さんも信州へおでかけください!

(by 花田)

Fit & Health Company