免疫力を向上させるために

健康コラム
10 /23 2014
 病気にならない、薬に頼らない、『自分の健康は自分でつくり守る』ためのカギは免疫力です。
免疫力とは病原菌やウィルスなどの外敵の侵入を防いだり、体内にできた害をもたらす細胞を除去
するという自己防衛機能で、その機能は20歳~30歳代でピークを迎え、その後低下していき50
歳代ではおよそ半分ほどに落ち込みます。
しかし、有難いことに何歳からでも生活習慣を見直し改善することで高められます。

免疫力を向上させるためには腸内環境を整え腸を活性化することです。
腸は免疫力の重要な要素であるリンパ球がつくられる場所であり、大腸粘膜には免疫細胞の70%
が存在するといわれています。

腸内には100種類以上、100兆個もの細菌がすんでいるといわれ、大別すると体に良い影響をあ
たえる善玉菌(ビフィズス菌やラクトバチルス菌など)と悪い影響をあたえる悪玉菌(ウエルシュ菌
や大腸菌など)の2種類に分けられます。
善玉菌には
●病原菌の活動を封じ込めて感染病から体を守る
●腐敗菌の増殖を抑え腸内の汚れをとる
●乳酸や酢酸などの有機酸を作り出して便秘を防いだり腸の吸収力を高めたりする
●免疫力を強化して体の抵抗力を高める
●下痢の予防と治療をする
●発ガン物質を分解するなどの働きがあり、善玉菌が優勢であれば免疫細胞を活性化
させ免疫力を向上させることができます。

悪玉菌を減らし善玉菌優位なバランスを保ちながら細菌を活性化させるためには
生きた細菌が豊富な発酵食品(納豆、ヨーグルト、みそ、チーズなど)
腸内細菌のえさとなるオリゴ糖(大豆、ゴボウ、玉ねぎ、にんにくなど)
水溶性の食物繊維が有効な野菜や果物をとるようにするとよいです。

善玉腸内細菌を育成し、活性化させる最強メニュー
オクラ、山芋、納豆、キムチを混ぜたもの、焼きバナナ、寒天ヨーグルトがおすすめ試してみては。

imagesO8YJ43J4.jpg

(by 中村)

健康コラムの区切り線

同志社京田辺キャンパスから京都市美術館へ

日々のこと
10 /16 2014


秋本番。
紅葉前線も少しずつ南下。

3連休の1日に、贅沢な時間を過ごしてみました。


s-同志社大のチャペル


京田辺市と同志社大学が、連携しながら公開講座を開催しています。
市民の生涯学習を支援し、心豊かな自己と、生き生きした文化的な地域づくりを
めざす目的です。

今年度、私も応募してみました。
月に1度大学生気分で、大学のキャンパスを歩いたり、先生の講義を聞いています。


s-同志社京田辺キャンパス②


今年度は、昨年同志社大学の新しい学部「グローバル地域文化学部」の開設を記念し
グローバルな視点から、世界の各地域の諸問題や、地元京都を中心としたローカルな
話題も取り混ぜながらの講義。

それにしても、ここのキャンパスは広々としていて実に気持ちが良いです。
外国の大学にいるような感じもしてきますね。


s-同志社京田辺キャンパス③


今日は、もう1ヶ所足を延ばして・・

ここは、京都市美術館。
今、ボストン美術館 「華麗なるジャポニズム展」 が開催されており
印象派のマネ・ドガ・ロートレック・ルノワール・ゴーギャンそして、モネ・ゴッホ・・


s-IMG_20141012_162415.jpg


とりわけ今回の目玉は、モネの傑作『ラ・ジャポネーズ』(日本娘)
ボストン美術館でおよそ1年の修復を経て、色鮮やかによみがえった大作です。

大きな作品で、実物をみて驚きました。
扇子を持ち、金糸の刺繍のある着物を着た女性が、まるで生きているかの
ようです。

モデルは、夫の成功を見ることなく、32歳で亡くなった
モネの妻 カミーユだそうです。


s-モネ「日本娘」


以前から見たかった作品が、ボストンへ行かなくても
見るチャンスですよ~!

秋の1日、皆さんも出かけてみてはいかがでしょう・・
芸術の秋を満喫してください。


(by 花田)

虹のやじろべえ

日々のこと
10 /15 2014
この3連休で、東京に官足法の講習に行ってきました。
台風の影響で、帰宅出来るのかとても心配でしたが、なんとか無事帰宅出来て一安心。

昨日の朝、台風も去ってくれてよかった・・・
洗濯物を干そうとベランダに行くと、久しぶりに虹を見ました。
朝から虹が見れて、素敵な一日になりそう~と、わくわくしました。

虹

写真を撮ろうとしたら、はじめは家や電柱で写しにくいなぁ~と思いましたが、
良く見ると虹が電柱でやじろべえしてるみたいで、これもいいかなぁ~と思いブログしてみました。

どんな1日を過ごしたかというと、3日間の講習のレポートを朝から書くことにしました。
洗濯をして昼食を食べただけで、気がつけば夕方になっていました。
慌てて、夕食を作りあっという間の一日でした。

行きの新幹線から見えた富士山です。少し曇っていましたが、見れてラッキーでした。
私が写したら、ピンボケばかりで隣の席の方が写して下さったものです。
目的地の行き方も解らなくて、親切に教えて下さいました。感謝です。

富士山fuji

東京で、仲間と渋谷に夕食を食べにいきました。その時、ハチ公をうつしました。

ハチ公ハチ公image


二日目の夜は、30人ほどで懇親会。
お店のマスターとママさんが息ぴったりの生演奏を聞かせて下さいました。(ピンボケですみません。)

懇親会

少しハードな3日間でしたが、楽しく勉強ができました。
これからも、いろんなことに頑張りたいと思いました。

(by 高橋)

散策ウォーキング(^○^)

日々のこと
10 /09 2014
先日、秋の散策ウォーキングへ出掛けて来ました(^○^)
ものすごく天候に恵まれた日で、すでに少し紅葉しているところもありましたよ\(◎o◎)/!


青空と紅葉


山歩きのいつものメンバーで、京都トレイルの看板を頼りにウォーキング。
その頼りの看板が、こちらです(^○^)


トレイル看板


と言っても、私は看板を頼りにというよりは、
いつもの山歩き慣れをしているメンバーさんが一緒なので、
その頼れるメンバーさん達を、おもいっきり頼りにしてのウォーキングでしたね(^_^;)
この場をお借りして、いつも本当にありがとうございますm(__)m

今回の道のりは、小川沿いを歩くコースでした。
水の流れる音を聞きながらのウォーキングで、本当に癒されました~(^○^)


小川


そして、歩きに歩いて見晴台へ到着。 岩の上で、パチリと記念写真。


岩の上にて


ところで、私の下に流れている川なのですが、皆さんお分かりになりますでしょうか?
実は、この川は保津川なんですよ~\(◎o◎)/!

その証拠写真が、こちらです。


保津川下り


保津川下りをしている船をズームで撮影しているのですが、分かりますでしょうか?

この見晴台へ到着した時に、山歩きのベテランメンバーさんが、
もう少ししたら保津川下りをしている船がくるはずだよと教えてくれたのですが、
冗談で言っているのかなと思っていて、本当に船がやってきた時は\(◎o◎)/!でした。

その後はカヌーも来たりして、皆さん、川のレジャーを満喫されていましたよ。

まだまだ、これからが紅葉シーズン本番ですね(^○^)
皆さんは、どこかへお出掛けされる予定など、計画されていますか?


(by 貞広)

ある教室のできごと

体操のこと
10 /08 2014
おはようございます(〃▽〃)
台風が去ってから、朝夕の気温はぐんと下がり
私の大好きな お山から 初冠雪のお便りが・・・(´^ω^`)
*よかったら、のぞいてみてください。

秋になり、体力測定もあることから自彊術を教室で行っています。
普段あまり使わないテキストも開いて、「難しい動き」「コツ」「ポイント」などを
テキストに書き込む形で、行っているんです。

そしたら、10月6日(月) 主治医が見つかる診療所 で自彊術の事が、放送されていたようで
放送直後、義母が部屋には行ってくるなり「ともえちゃんの教えてくれた自彊術やってたわ」と。

そして、昨日教室に行ってみると・・・
「先生、自彊術のTVしてたね。」「日本人が大正時代に作ったんだって」

「うん、テキストに書いてる(笑)」

「日本人の体に合ってるらしい」

「うん、それも言ってる(笑)」

「太ってる人が、やせて、やせている人がちょうど良くなるらしい」

「うん、そうやで(笑)」

「東洋医学を応用してるらしい」

「うん、テキストに書いてある(笑)」

で、
「じゃ、今日は動きのコツではなく、自彊術は何かな?と言うところを読むから聞いててね(笑)」と。
読みながら、おかしくって仕方なかったです(○´艸`)

人って、自分が必要としている情報は受け取れるけど、
そうではない情報は、聞いていても入ってこないもので、
生徒さんにしたら、昨日がちょうど頭に入ってくる時期だったんだなぁ

と、思うと
おかしくって、みんなで笑いが止まりませんでした。
そして、こんな皆さんをとても愛おしいと思う私です。

そして・・・
皆さん「え~っ!!!」と言いながら、自彊術に腹筋に頑張ってくれました。
毎回、楽しく指導させていただいて感謝です。
ブログを読んでる皆さんも、体を動かして気持ちの良い季節です。
是非、自彊術を家でもやってみてくださいね。

花


(by 北畑)

薬の服用がもたらす冷えについて

健康コラム
10 /01 2014
頭、腰、膝が痛いとき、風邪で熱が出たとき、捻挫などで腫れがあるときなどに一時的に症状を抑えてくれる消炎鎮痛薬は世界中で最も使われています。
消炎鎮痛薬は血流を抑制することで、熱や痛み腫れを取り除きます。その為効果を発揮する過程で交感神経を刺激し体に冷えをもたらします。

      
                                                                薬消炎鎮痛薬に限らず降圧薬、抗不安薬など西洋医学のほとんどの薬は、症状を抑える効果に優れていますが、長期間使用すると体を冷やしてしまいます。

腰痛

肩こりや腰痛のときに貼る湿布薬も同じです。湿布薬に含まれる消炎鎮痛成分は皮膚から吸収され、血液にのって体をめぐり全身の血流を抑制します。湿布薬とはいえその作用は貼った部分にとどまるわけではないのです。


これらの薬剤を長期間使用しつづけることで、体が冷え胃痛、便秘といった新たな症状を起こし、それを抑えるため更に薬が増えるといった悪循環に陥らないよう、薬に頼るのではなく肩こり、腰痛、膝痛などは当初の激しい痛みがある程度治まったら湿布薬をやめ、血流を促すようストレッチなど簡単な体操で症状改善に努めましょう。

風邪で熱が出たり、疲労から腰痛や膝痛がでるのも体の防衛反応の一つです。それを薬で無理に抑えても一時的な症状の改善にしかならず根本的な改善にはつながりません。
体操で健康な体づくりをしましょう。      コスモス

(by 中村)

健康コラムの区切り線

秋本番になりました。

日々のこと
10 /01 2014

今日もコスモスを眺めながら、健康体操の教室へ向かいました。
秋本番ですね。
皆さんお元気で10月を迎えられましたか?


s-IMG_20140926_093708.jpg


ここは、一年を通して季節の花が咲いていて、歩くのが楽しみな所です。
いつもお手入れをされているおじ様と、たまに時間が許す時には少しお話しを
したりして・・

そこの花を切ってくれたりします。
「まだまだ家には帰らないので、花が枯れてしまいますから・・」と、お断りすると
「ここに刺しておくから帰りに持ってって。」(牛乳ビンがある)

「あっ・・どうも。」
「ありがとうございます。」


s-IMG_20140918_210449.jpg


欲しくて挨拶するわけではないのですけど・・花が好きだから、つい声をかけてしまう。
お名前も知らないおじ様、どうもありがとうございます。

我が家のほんの小さなスペースにも、秋の花が咲きました。
・・・というか、夏に植えたままこうなっただけなんですが。


s-IMG_20140918_210305.jpg


ただ好きなだけで、お恥ずかしながら花の名前はあまり知りません。

手前の花以外は、毎年根が残っていたり種が落ちて咲いてくれる花ばかり。
野の花もかわいいので植えておきます。


s-IMG_20140926_093413.jpg


このツインの鳥の巣は、妹とお揃いで何年も前に購入。
私はただ置いているだけ。
妹は、家の庭の樹につけたところ、昨年からシジュウカラが住居にしているそうです。
たまに写メが届きます。小鳥が窓から顔を出している写真。

この辺りではどうなのかわかりませんが、私もやってみようかと思ったりして・・
小鳥が来てくれたら小さな楽しみが増えそうですね。

皆さんはどんな秋をお過ごしでしょうか・・
2014年の秋は一度だけ。
どうぞ秋を楽しんでくださいね。


(by 花田)

Fit & Health Company